曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

正々堂々戦っていいのは圧倒的強者のみ

 合気道を習いだしてから、のらりくらりと物事をやり過ごす事が多くなってきました。武道は精神を磨くものではないのか?今回は戦うという事について紹介します。

 

 

他格闘技との交流

昔通っていたボクシングジムの知り合いと遊びに行く機会があり、ついでに軽いスパーリングをしました。


しかし優勢に戦えれども圧倒的という程ではなし。どうしても打撃に付き合ってしまったのです。

 

そんな矢先、稽古中に総合格闘技の元プロの方と合気道式のスパーリングを行う機会があり、合気的なやり方に限定すれば毎回制する事が出来ました。

 

しかし極当たり前の事ですが、なんでもありでやり合えば、素人が数年武道をやった程度で元プロに寝技に持ち込まれて渡り合うのは無理です。関節を何度も極められました。

 

フィジカル強化や練習に費やした時間、実戦経験の量に圧倒的な差があるのですから当然の事。そんなアホでも分かる事なのに、どうしても取っ組み合いに付き合ってしまったのでした。

 

相手のルールは無視せよ

大晦日にキックボクシングの那須川天心とボクシングのフロイト・メイウェザーの試合がありました。

 

試合のルールをどうするか?結果はボクシングルール。格闘技が詳しくない方向けに説明するとキックボクシングとボクシングは全く別モノです。そしてボクシングは脚の攻防を捨てて腕の攻防に特化してトレーニング、戦略構築をしています。

 

もし同じ才能を持った二人の人間が、同じ時間だけキックボクシングとボクシングに取り組んだとしましょう。極単純化して考えると、ボクサーの腕の攻防についやした練習量、実戦経験はキックボクサーの2倍です。そして練習してきた、ルール内で求められるパンチの質も違います。

 

「さぁキックボクサーよ、ボクサーとボクシングルールで闘うが良い」

 

勝てるのは才能、経験、フィジカルに圧倒的な差がある場合くらいでしょう。相手のフィールドとルールで戦わない事が護身術として最も重要な事です。

 

すなわち紹介した二つのスパーリングにおいて私がやるべきことは下記動画のような動きでした。


Driscoll Middle School Trick Play

 

合気道は気を合わせる武ではないのか? ない所に合わせるのもまた合気です。

 

正々堂々なんてとんでもない!

 

f:id:dice-k-13110:20190217014203j:plain

何でもありの状況でまともに戦うと総合力が強い方が勝ちます。もしトラブルに巻き込まれ、逃げることもできず、戦わざるを得ない状況になってしまったのなら最初が肝心です。

 

相手が知らない技を予想外のタイミングで行う事でようやく経験とフィジカルを超えた効果があります。

 

しかし相手に中途半端にダメージを与えると逆上させてしまうので、勝算が低いと思うなら負けてやり過ごすのも護身術。命あっての物種です。戦うのは勝算が高いときだけ。

 

天才軍師孫氏は言いました「勝兵は先ず勝ちてしかる後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いてしかる後に勝ちを求む。」手を出してから考えるのは負けの始まりです。

 

戦いとは?

曰く!戦わぬこと!これだけ!

 

www.iguchiryu-aikido.com