曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

繋がる感覚 ~相手に抵抗させず合気道の技をかける~

繋がる感覚

相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。繋がる感覚、すなわち相手と一体となる感覚を使う技と言いますと、合気道の奥義という印象ですが、基礎秘伝である”骨の技術”の延長で可能です。

 

井口流合気式護身術の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上がるにつれて小さい動きにしていくという稽古方法をとっています。

 

繋がる感覚を磨く稽古方法は、初期段階では相手を崩して力の入らない姿勢、骨格構造をとらせつつ繋がる事を学びます。高レベルの段階では知覚できないほど極微妙な動きで相手を崩す事を学びます。(動画に撮って確認すると認識できないレベルなので八百長のように見えたり・・・)

 

今回は初期段階の繋がる感覚を磨く稽古について紹介します。

 

繋がる感覚を体得する為の意識

我々の道場に限らず殆どの道場でも、繋がる感覚を体得する為の稽古を普段から行っている事と思われます。と言いますのは、正面打ちや正面付きを崩す第一勢がそれに相当するからです。

 

第一勢では、相手の背骨を折るように、正確には自分の軸で相手の軸を折る事を意識すると繋がる感覚を養う稽古になります。 逆にやってはいけないやり方は、相手の腕を止めようとするやり方です。

f:id:dice-k-13110:20170514203638p:plain

宮本武蔵『五輪の書』、水の巻で書かれている入り身のやり方が非常に参考になるので紹介いたします(私なりに少し崩して書いてます。)

 

五輪の書における入り身

しうこうの身:しうこう(秋猴)とは手足の短い猿の事。

敵へ入り身する時、少しも手を出す心はなく、敵が打つ前に、体をはやく入れる心也

手を出そうと思えば必ず体が遠のいてしまう=自分の軸で相手の軸を折れなくなってしまうので、手ではなく自分の全身を相手の内部に侵入させることが秘訣。

 

しつこうの身:しつこう(漆膠)とは漆(うるし)と膠(にかわ)

敵へ入込むとき、我身のちぢまざるやうにして、足をのべ、腰をものべ、首をのべて、強く入り、敵の顔と顔と並べ、身の丈を比ぶるに、比べ勝つと思ふほど、たけ高くなって強く入る所肝心なり。

漆(うるし)と膠(にかわ)のようにネバネバと粘性がある液体の如く、相手にべったりと接触するくらい近くに入り込むことが肝要。自分の軸と相手の軸を一体化させるくらい近くに入り込みます。

 

たけくらべ:身長比べ

敵へ入込むとき、我身のちぢまざるやうにして、足をのべ、腰をものべ、首をのべて、強く入り、敵の顔と顔と並べ、身の丈を比ぶるに、比べ勝つと思ふほど、たけ高くなって強く入る所肝心なり。

身長比べをするときのように真っすぐ背骨を立てて入り込みます。自分の軸と相手の軸を一体化させたいのですから、曲がっていては上手くいかないのです。のけぞる相手の背骨は伸びています。

 

【参考文献】五輪の書は何冊も出版されていますが、下記の書が非常に読みやすいです。武道だけでなく人生にも活用できる一冊です。

無心となる事の重要性

入り身のやり方、繋がる感覚について五輪の書を参考にしながら説明しました。しかし色々と考えすぎると”感覚”というのは身に付きづらいものです。

 

知識は学びつつも稽古の際は無心。違和感があれば一息ついた後で師匠に質問して指導いただく。新しい技を学ぶ時は考えながら動く事が必要ですが、新しい感覚を学ぶときはあまり考えすぎない方がうまくいくことの方が多いです。

 

合気道は動く禅ともいわれています。体の感覚に耳を澄ませつつ動きましょう。