曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

しうこうの身と合気道の手足の使い方

しうこうの身とは、宮本武蔵が記した五輪の書に書かれている入り身の心構えの一つ。しうこう(秋猴)とは手足の短い猿の事で、手を出すことなく身を入れる事が肝心と説いています。

f:id:dice-k-13110:20190407220620j:plain

稽古中、合気道は入り身だけでなく投げの際も、しうこうになっている事が多いことに気が付いたので紹介します。


【参考記事】入り身について

www.iguchiryu-aikido.com

 

 

小手先で人は動かない

力のいらない合気道、護身術というと軽く手を動かすだけで相手を制するイメージを持たれる方も多いかもしれません。

 

しかし、実際に使っているのは全身の力であり小手先ではありません。小手先で人を動かそうとしても動かないのです。なぜか?一番大きな原因は手先は意図を発しやすいという事。意図が分かると反応できてしまいます。

 

対して体の内部からの力というのは感知しがたいもの。しかも全身の力を一体化できていれば感知しがたいだけでなく、腕力よりはるかに強い力になります。

 

全身の力を一致させて小手先ではなく、体全体で相手を動かす。この動きを実現するには手足は短い猿をイメージするとやりやすいでしょう。

 

中国拳法には威力の高い打撃を放つ方法に、前腕を鐘つきの棒のように固定して、上腕でそれを打ち出すというやり方があるそうです。

 

肘くらいまでの腕の長さの動物になって、前腕は手に持った棒だと思って打ち出す。ズドンと重さがでます。

 

合気道の投げを行う時も同様。前腕は棒。力を伝える道具として扱うと上手く前進の力を伝えることができるようになるでしょう。

 

前回、天地投げのコツを紹介しましたが、天地投げの際も腕全体を振り回すのではなく手足の短い猿、しうこうになったつもりで行うと上手くできます。

 

【参考記事】天地投げのコツ等

www.iguchiryu-aikido.com

 

小手先の使い方について

小手先や指先を船首のように先導して相手を動かす技も存在します。しかし手先の仕事は方向性を決めたり、皮取りで相手を金縛りにすることがメインであることが多いです。

 

手先で金縛りにかけた後、相手を動かす役目は身体。手先は他人事のようにしています。「あ~。指が勝手に飛んでいるわ~。」位の感覚がベスト。上腕から先は自分ではないような感覚。短い腕になったつもりで行うと上手くできます。

 

短足の動き

春めいてきたのでロードバイクで移動していた際、脚の回転を腸腰筋(腰椎、骨盤から大腿骨に繋がる筋肉群)で行う事を意識してみると、自分の短い脚が更に短くお腹の中辺りだけで動いているような感覚になりました。

 

思い返すと相手を動かす際、位置決めは足先、運びは腸腰筋で行うとスムーズに力を伝えることができています。

 

手足が短い猿、しうこうの身。まだまだ奥が深そうです。

 

 

人を動かすには?

曰く!芯から動く!これだけ!