曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

合気道家ゆる体操のススメ 気を揺らす

大晦日にメイウェザー(元ボクシング世界チャンピオン)の背骨が緩み切っているのを見て、今年はさらに脱力を深めようと決意。ゆる体操の時間を増やしていた所、合気道の奥義に通じるものがあると気が付いたので紹介します。

1. ゆる体操

ゆる体操は、高岡英夫先生が武道の奥義を誰でも再現できるようにと考案、開発された体操。健康にも極めて有益な動きでもある体操です。

このゆる体操に取り組みだして早一年。背骨とその周りの筋肉群は相当緩んできました。

取り組みだした頃は、心地よいなぁ、脱力できれば武道も上手くなるなぁ程度のものでしたが、最近は「なるほどこれは武の奥義だ」と感じることが多々あります。

(ゆる体操関連記事)

2. 内部の気を揺らす

ゆる体操を始めた頃は、振動が心地よいなぁ程度です。慣れてくると、稼働部の振動が連結しているあらゆる部位へと伝わる、力の流れを感じるようになります。

これだけでも十分心地よいのですが、更に慣れてくると、開発者の高岡先生が提唱している身体感覚(丹田やセンター等)も鋭敏になります。

 

そして最近、四段以上の技術となる"核の気"(参照:下記HP)を再び教わりました。

師匠・井口師範から教わった気 | IAM護身術

以前習った時と比べると、はっきりとその存在を感じることができるようになっていました。そしてその段階でゆる体操をやって改めて分かった事があります。それはゆる体操でも核の気の感覚を養えるという事です。

 

3. 正しい知識で効率良い学習

実はゆる体操に限らず、あらゆる動作でこの稽古は可能。天の鳥船の行でも、杖の素振りであっても、スワイショウであっても。行うことができます。

ただし闇雲に動くだけでは意味がありません。正しい意識と知識が必要です。合気道もゆる体操も、意識と知識さえあれば、極めて簡単な動きで奥義の感覚を身に着けることができるよう工夫されています。先人たちの創意工夫には頭が上がりませんね。

知は力なりを実感。今年も多く学び、よく遊び、緩んでいきたい所存です。

 

4. 奥義習得に必要なもの

曰く!良き師と知識!これだけ!

 

おまけ:ゆる体操関連記事

合気道の繊細な感覚を養う 身体意識とゆる体操 - 曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

ゆる体操と合気道 ~いいものは何でも使う!~ - 曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜