曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

皮膚の技術(皮取り)と呼吸力で攻撃を捌く護身法

f:id:dice-k-13110:20190202154417j:plain

 

貴方の浮気がバレてナイフで刺されかけているとしましょう。

 

相手の腕かナイフを手足で払ったり打ったりするのが通常の防御方法です。では合気道式の防御方法、護身術は?今回はその方法を紹介します。刃物に限らずあらゆる護身術の防御テクニックとして使う事ができる方法です。

 

 

基本は力をぶつけない事

相手の腕を払いのけると相手は敵愾心を抱きます。ボクシングなどのガード方法は、相手によっては「相手に防御させている」と優越感を持たせて調子づかせたり、衝撃の手ごたえに興奮させたりしてしまう事があります。

 

対して合気道の基本は相手とぶつからない事。相手の腕が来るであろう位置にそっと腕を差し出した後に体で運びます。このやり方だと衝撃がほとんど発生しません。

 
「そんなやり方では相手の勢いで弾かれてまうやんけ!」

 

ここで皮取りと呼吸力の登場です。

 

まずは皮取り

皮取りは相手の力を封じる技術。気の流れる道:経絡を遮断して気を通わせなくさせる技術です。

 

科学的には筋肉中に存在する張力を感じるセンサー、筋紡錘を引っ張る事で誤作動させ、相手の脳に自分の体にかけられている力を誤認識させる技術

 

【参考記事】筋紡錘

www.iguchiryu-aikido.com

 

 

やり方はその名の通りピーラーで皮膚を取るように動きます。皮取りが成功すると相手の力とぶつかっていないという言葉の意味が良くわかると思います。

 

皮取りの方向は一期一会。というより間違った方向以外ならどうとでも取れます。間違った方向だと相手の骨に腕がぶつかってしまうので、正に争いという感覚が生じています。

 

相手と正面切って戦わずずらして勝つ!これが合気道の妙でやっていて面白いと感じる点です。

 

f:id:dice-k-13110:20190224200916j:plain

 

【参考記事】皮取りを使って相手と戦わずに倒す技法

www.iguchiryu-aikido.com

 

皮取りの別名:切法

皮取りは別名、切法。慣れてくると「経絡を遮断する」という表現がしっくりくるなぁと分かってきました。

 

故・井口師範はなんでも「気や!」と仰っていたそうです。分かる人には分かったのでしょうけれど・・・。

 

現在の道場では皮取りの正しい方向を指導、修正頂けるので、対素人の護身術として使用できるレベルまでならば短期間で習得できるようになっています。言語化って重要性ですね。

 

腕 vs 腕ではなく 腕 vs 体幹

合気道の防御方法は「相手の腕が来るであろう位置にそっと腕を差し出した後に体で運ぶ」と書きました。

 

せっかく皮取りで相手の力を乱しても腕力に頼っては元の木阿弥。そこで皮を取ったまま体幹の力で相手を運びます。

 

腕を動かさず丹田で壁を押す稽古で感覚を学ぶと共に、体幹を強化する事ができます。

 

ちなみに体幹の力を伝える方法、全身の力を統一して発揮する方法は、多くの合気道道場で座り技呼吸法という形で学ばれているあれです。これもある意味「気」なんですよね。

 

行きつく先は全て「気」。そんな境地に至るにはまだ修行不足。修練修練です。

 

どうやって攻撃を捌く?

曰く!気や気!これだけ!