曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

動画は鏡より正直に動きを語る 合気道で鏡によるフォームチェックをしない理由

人は鏡の向こうに理想を見る

「上達するには自分の動きを動画撮影して研究するべき」とは道場に所属する元プロ格闘家の方。動画で自分を見るとイメージとのズレが多々あり、体を思い通りに動かせていない事を痛感します。ところが鏡で見るとイメージ通りに動けている様に見えてしまいます。鏡と動画、共に真実を映しているはずなのにこの違いはなぜ生じるのでしょうか?

 

通常人は動くとき、イメージが先行して後から体がついていきます。動きながら鏡を見るという事は、理想の動きをイメージしながら動きながら見るという事。真実の動きに脳内で描いたイメ―ジ修正がどうしても入るのでしょう。

f:id:dice-k-13110:20190201114727j:plain

 

動画を確認する時は見るという行為に集中しているので、理想のイメージは投影されず真実が見えます。ゆえにイメージとのずれや、気が付かなかった点に多く気付けるのだと思います。思い通りに体を動かしたいという方に、動画撮影によるチェックはおススメです。

  • 動きながら見る=イメージしながら見る
  • 止まってみる=ありのままを見る

 

イメージは人に伝わり動きが読まれてしまう

鏡を見て稽古しない理由にはもう一つの理由があります。凝視する癖がつかないようにするためです。人は動く前にイメージが先行します。そのイメージ、意、は凝視すると無意識レベルで相手に伝わってしまうのです。すると相手に技が読まれてしまう。ちなみに合気道の開祖、植芝盛平先生はこうおっしゃっています。

 

相手の目を見てはいけない、目に心を奪われてしまうからだ。相手の剣を見てはいけない、剣に気が囚われてしまうからだ。相手を見てはいけない、相手の気に吸収されてしまうからだ

 

故に我々は凝視する事を避けるべく、鏡を用いて動きを確認していません。合気道を護身術として学ばれている方も多いと思います。相手に襲われる状況では相手を凝視してしまうかもしれません。緊張や恐怖に晒されると相手の一挙手一投足を見ようとしてしまうでしょう。護身の為には見てはいけません。正しくは一点を見てはいけません。

 

見るなと言われて良くやってしまう間違いは、見ない=無視という認識。無視をすると不自然に虚ができます。見れば実、見なければ虚。真逆ゆえに同じ事になります。

 

剣術の「遠山の目付」と呼ばれる目の使い方、遠くの山全体を見るようにぼんやりと見る目が正解です。イメージを投影することなく正しく見る目。分析には不向きですが動き出しや気配を察知するには最適の目です。(下記は参考記事です。)

www.iguchiryu-aikido.com

  

合気道、護身術の見る目とは?

曰く!死者の目!これだけ!