曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

他者中心運動で気の流れを感じる 太刀の道と合気道の杖

スポーツ用品店をぶらぶらしているとラジオから「ゴルフのスイング練習は子供の頃から始めた方が良い理由」を語る声が聞こえてきました。

その理由が宮本武蔵の語る太刀の道と、合気道の杖に共通していたので紹介します。

 

ゴルフを子供の頃からやった方が良い理由


ゴルファーの方はこう語っていました

「大人になると筋力である程度スイングの軌道修正が出来てしまう。子供の身体ではクラブが重すぎてそれが出来ないので、クラブの重みが自然に流れる方向にスイングせざるを得ない。故にもっとも効率的なスイングが身体に染み込む。

 

ゴルフのクラブはボールを遠くに飛ばすために最適な形で設計されています。面の角度や大きさ重量バランス、工学的に計算されつくされたデザインです。

 

そんなクラブの性能を最大限引き出す動きとは?それは筋力に任せたスイングではなく、自然に任せて流れる動き。クラブが主となった他者中心の運動なのです。

 

太刀の道

f:id:dice-k-13110:20190227144154j:plain

宮本武蔵は五輪の書、水の巻で太刀の道についてこう書いています。

 

太刀を早く振らんとするによって、太刀の道逆ふて振りがたし。

太刀はふり能き程に静にふる心なり。

【現代語訳】

 太刀は早く振ろうとすると太刀の道に逆らうので振りにくい。

 太刀は振れるように振るのだ。静かな心で。

 

太刀の動きを感じて太刀が流れるままに振るのが太刀の道。それを感じるには精神を落ち着かせよというのです。

 

後半で次のように述べています

太刀を打ち下げては、あげよき道へ上げ、横にふりては横にもどりよき道へもどし、如何にも大きにひぢを延べて、強くふること、是太刀の道なり。

【現代語訳】

太刀を打って下げた後は上げやすい様に上げ、横に振った後は横に戻しやすいように戻し、どんな時も肘を伸ばして強く振る事が太刀の道である。

 

刀が導くように振ると重みで自然と肘が伸びて先端主導運動になります。剣術は疎いのですが、合気杖の端をもって自然に動く方向へ剣のように振ってみると勝手に肘が伸びてしまいました。

 

実は武蔵が二刀流ができたのは筋力が強かったからではなく、刀の重さを利用していたからという説があります[1]

 

日本刀は構造上、操作線より後ろに重心があります。力を抜いて切ると自然に刃筋が立つように移動するというのです。

 

刀を動かすための最小の力で刀をフッと払うと、刀の重心は元の位置に残ろうとしながら、その重心を中心に刀が回転して、その回転の一方の端に自分の手が自然にくっついたまま動くのです。

 

引用元:宮本武蔵は、なぜ強かったのか?

 

自分が振るのではなく刀の動きに従って振る。冒頭のゴルフスイングと同じですね。

 

合気杖を使った練習

合気道の動きは自分中心でありながら他者中心。相手が崩れたらダメ押しするのではなく相手についていって、相手が倒れやすいように倒してあげるのが合気道の技です。

 

こういった技は対人練習を通してしか身につけられないのでしょうか?実は杖を使って練習できます。

 

一番シンプルな突きでも杖主導を意識して素振りを行ったり、杖の回転に巻き込まれるように自分の身体を動かしたり。自分が動くのではなく杖に動かされている感覚で行う事で稽古することができます。

f:id:dice-k-13110:20190227144357j:plain

杖の回転力で歩き出す

 

杖には多くの稽古方法があるのですが、井口師範は「杖を使った稽古方法は外に出してはいけない秘伝」と仰っていたそうです。合気道の三大要素、気の流れ、呼吸力、螺旋形のすべてが網羅されているからでしょうか… 

 

ちなみに今年の1月から杖の素振り回数を倍にした結果、素手の当身の破壊力がアップしました。当身の稽古は殆どしていないので面白いものです。

 

己を捨てつつ我が意を通す

ゴルフのスイング、太刀の道、合気道の杖、いずれも己を捨てて他者の重心と重力を感じることで最適な動きになります。

 

素振りではできても、試合や実戦で再現するには無我の境地が必要。修行修行!

 

修行といってもやっていて心地よいのが他者中心運動。おじさん達が傘でゴルフスイングの練習してしまうのは、力みがないスイングに心地よさを感じているからではないでしょうか?

 

力を抜けて物の重さに身を任せて動くと本当に気持ちよいのです。しかも己の意思を捨てた結果、自分の思い通りに動くのも面白い。

 

最近は稽古熱が上がってきているので「なんでそこまでやるの?」といわれる事もあります。好きだから突き詰めたいという理由だけでなく、単に合気道の動きは心地よいからというのも理由です。

 

心地よく、楽にできて、しかも護身として役に立って精神修業もできる。合気道は本当に素晴らしいですね。

www.iguchiryu-aikido.com

 

物を使った動作の極意

曰く!合わせる!これだけ!