曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

継続の秘訣 モラルライセンシング(体脂肪を減らすお茶を飲むと沢山食べてしまう心理)とモア・ダン・ゼロ(0以上)

前回の記事で、継続と様々な要素に触れる重要性に触れました。しかし何後も継続は難しい。実は8月からダイエットを始めたのですが、4か月かけて5kg落とした後、12月に入って4kg戻してしまいました・・・どうやったら継続する事ができるのでしょう?

 

1. モラルライセンシング (Moral Licensing)

最近読んだ『メンタルハック大全』という本に、モラル・ライセンシングという心理について書かれていました。

 

モラルライセンシングとは、正しいことをした後は反動で、それに反する事をしても良いかな?という甘えが出てしまう心理。

 

最近節約してたからちょっとぐらい贅沢してもいいかな?とか、運動したし脂肪を吸収するお茶を飲むから今日は食べ過ぎてもいいかな?といった経験はありませんか?

 

はやったほうが良いことをした後は、自分に甘くなる。モラルに則った行動をした後は、少しくらいモラルに反してもいいよという免許(ライセンス)を与えてしまうという心理です。

 

同書では、誘惑に負けない方法として二つの対策を紹介していました。一つ目は、あえて怠けるという方法。怠けたのだがら頑張ろう!というやつです。

 

二つ目は、「やった方がいいとか、正しい事だからやるんじゃなく、好きだからやっているんだ」と自分に言い聞かせるという方法。結局続けられるものは好きなもの。

 

実際に好きでないものを行う必要がある時、長所や美点を見つけて強調、「ここが好きだからやっている。」と考えてみると継続しやすいことに気が付きました。これでまた減量できるはず!

 

 

モア・ダン・ゼロ(More than Zero,  0以上)

大学時代にダーツにはまっていたのですが、ダーツバーでドンマイの代わりに使われていた言葉が、モア・ダン・ゼロ。矢が高得点ゾーンから外れても、的のどこかに刺されば最低でも1点は獲得できています。0よりは良い。という声かけです。

 

私は合気道が好きで続けています。とはいえ時間のやりくりは難しい。そんな時はモア・ダン・ゼロ。ほんの数分基礎トレをしたり、3分だけ立禅したりしています。

 

そんな僅かな時間でも神経回路に刺激を与えてあげると、徐々に動きが身につき、動きの意味も見えてきます。そしてある日突然閃きが得られ、ブレイクスルーが。

 

何かに取り組むというと、頑張って多く長時間やることを想像してしまいがちです。ところがほんの少しのことでも意味があるのです。

 

ちなみに、新しいことをそれなりに習得するために必要な時間は約20時間=1200分。一日3分だと400日である程度のレベルに達する事ができるそうです。

www.iguchiryu-aikido.com

 

同じく大学時代、ギターもかじりました。初心者が躓くのがFコード。「指が痛い!こんなんできるか!」と、Fは気が向いたときに数回押弦してみるくらいでした。

 

練習と言えないほど僅かな時間です。ところが気が付くとそれなりの音が出るように。すると自然に練習時間が増え、いつの間にか弾けるように。

 

今取り組んでいるヨガも、やってて気持ちよくない苦手ポーズは一回あたり10秒くらい、気が向いたときしかしていませんでした。

 

それでも継続すると突然心地よさを感じる日がきて自然とやろうかな?という気になるようになっています。

 

何かを続けるために無理に頑張る必要はありません。身体の変化、精神の変化には時間がかかります。モア・ダン・ゼロでコツコツと。

 

一度変化を感じると面白い、成長を感じると面白い、出来るから面白い。面白いから好きになる。好きになれば自然と続く。最高のサイクルですね。

 

継続の秘訣

曰く! 0よりまし!これだけ!