曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

謎の達人より学びし井口流合気道の秘伝をちょびっとだけ公開しています。

無慈悲な合気道の技 ~武と道の両立~

「合気道の技は無慈悲」海外で総合格闘技をやっていた元プロ格闘家である門下生の方の発言です。関節を固めたまま投げる、ルール=制限がない状況で相手を制する事に長けているという点を受けての事。

 

優しく優雅なイメージのある合気道ですが、実態は無慈悲。今回は武道とはなんぞやという点について紹介します。

 

 

技は無慈悲で心は慈悲

合気道は愛の武道と呼ばれますが技術は無慈悲なものです。達人の動画を見ていただきますと相手は一切の抵抗ができず、関節を決められたり、投げ飛ばされたりしています。もし前後不覚の状態でアスファルトに投げ飛ばされると…ゾッとしますね。

 

さらに正しい合気道の当身は身体内部を破壊する衝撃を与える打ち方をします。師匠の当身をミット越しに受けると翌日下痢になっています。

合気道は技の無慈悲さ故に、使い手には和合の精神、仁の心が求められます。それ故名前に“道”がついているのではないでしょうか。

 

【参考記事】

www.iguchiryu-aikido.com

 

 

仁に過ぐれば弱くなる

しかし精神性を追求しすぎると“武”としての側面が弱くなります。

合気道の技は、他の格闘技、武道経験者が効率的かつ無慈悲な技として認める程の威力があるにもかかわらず、外部からは「合気道は実戦では使えない。」「決まった状況でしか使えない。演舞だけ。」とよく揶揄されています。

 

これは”道”に偏りすぎた稽古をしている方が多すぎるからではないでしょうか?武として成立していないのであれば武道とは呼べません。武と道の両立。無慈悲と慈悲。陰と陽。相反するものを和合させるがゆえに武道は価値があるのだと思います。

 

当身の稽古

武の側面が抜け落ちた稽古の一つに、当身を放つ側が当てる気で撃たない稽古があります。合気は相手の気と合わせる技なので気を出してくれない相手と練習してもなかなか武の技としては習得できません。気を消して当身を打ってくるのは一流の武道家くらいです。

 

合気道は組手やスパーリングを行わないので、型練習の時にこそ当身を撃つ側が当てる気で行ってあげないと、護身術として実際に使えるようにはいつまでたってもならないでしょう。

 

当てる気がない当身に合わせて動く稽古でも、相手の状態に合わせて適切な動きを選択する稽古になるので、気を合わせる練習にはなるでしょう。相手をいたわり慈しむ仁の心は養えるので道としての側面は強く持ち合わせています。しかし武の稽古と言えるでしょうか?

 

殺気を放って当身を打つ。その気に合わせて無慈悲な武の技を使いつつも、相手を壊さないように慈悲をもって制する。こういった稽古が必要です。

 

陰と陽であり、それは道である。

『易経』

 

陰陽論。宇宙のありとあらゆる事物が相反する性質のもの、陰と陽で形成されているという紀元前から存在する中国思想です。この真逆の性質を持った陰と陽を飲み込んで、一元的な道とすることが究極の状態といわれています。武道もかくあるべきではないでしょうか?

 

蛇足~アウフヘーベン~

ドイツの哲学者ヘーゲル(1770-1831)の弁証論では、”正”, “反”, ”合”という言葉が使われます。なんだか似ていますね。

・正(テーゼ):ある一つの命題。ある側面の見方で正しい事柄(横から見ると□)
・反(アンチテーゼ):正を否定する命題。正と違う側面の見方。(上から見ると〇)
合(シンテーゼ):正と反の合一によって生まれる高次元の見方(実は円柱)
 正と反の合一を止揚(アウフヘーベン)と呼びます。