健康体操

歳をとっても動ける体づくり8  体を引き締める鍛錬法

全身を整える古武道の鍛錬法

一般的な筋トレは鍛えたい部分を集中的に鍛えます。全身バランスよく鍛えようとするとやらなければいけないトレーニングの種類が多くなるので、トレーナーを付けないと自分の得意な動き、好きな動きばかりやりがちになってしまいます。

対して健康増進や年齢に負けない体づくりには全身をまんべんなく、バランスよく鍛える動き、全身を統一して体を使う動きの方が適しています。

古武道の鍛錬方法はまさにそれ、骨格や筋肉を自然な形で使えるようになり、自分が本来持っている力を引き出すための最適なトレーニング方法となっています。

 

IAM護身術でも合気道に適した体づくりとして、次のような鍛錬を取り入れています。

  • 体幹と丹田を鍛え、合わせの感覚を養う「壁押しの行」
  • 重力に負けない美尻を作りつつ、重心線の感覚を磨く「片脚バランス立ち」
  • 爆発的な力を引き出す合気道呼吸力の強化法「ひっかけるぶら下がり」

 

これら鍛錬法と

  • 腹横筋を引き締めてウエストを絞る「ヨガ式呼吸法」
  • 第二・第三の軸を作る「ナンバ歩き」と「片腕プランク」

 

を合わせて、体を引き締める効果が高く、身体感覚を磨く役に立つ情報を詰め込んだKindle電子書籍を作成しました。是非ご覧ください。※2020年3月27日17時まで無料キャンペーン中です。

『年齢に負けない体づくり”弐” 体を引き締める古武道由来の鍛錬法』

 

本作で紹介している体操はやや負荷の高い稽古方法も含まれています。より低負荷で、健康体操に適した動きは拙著『年齢に負けない体づくり”壱” 古武道由来の”簡単にできる健康体操』をご覧ください。