護身術:攻撃

合気道当身の秘伝その1 ~陽の技術~

合気道当身の秘伝1陽の技術

合気道は当身七分と言われるほど当身を重視しています。(本記事内では当身=打撃と定義します。)そしてその打ち方は全身の筋肉を連動させて撃つ他の格闘技と少々異なっておりとてもシンプルです。

その中の一つが、重心を移動させることで生み出したエネルギーの方向と力を伝える方向を一致させる「陽の技術」。身体の動きを単純化し、効率よく力を伝えて威力を出す当身です。今回はその一例を紹介いたします。

陽の技術は素直に動きを伝える技術

陽の技術でやる事は極めて簡単。むしろ余計な動きをやらない方がうまくできます。

ボクシングで正しくストレートを撃つためには、一年から三年はトレーニングが必要と聞きます。ストレートの威力を最大限に発揮するには、爪先、足首、膝、股関節、腰、背骨、肩、腕と各部の回転を滞りなく連結させてエネルギーをロスさせる事無く拳に伝える事が必要。高度な身体操作能力、それらを制御するインナーマッスルのトレーニングが必須です。

対して合気道の陽の技術を使った当身は体を一つの塊と化して体重を伝えるだけ。単純な動きなので習得が容易かつそれなりの威力も出るので護身に使えますし、合気道の投げや崩しにも応用できます。

具体的にどのような動きをするのか?重心移動方向に応じて、一式から四式まであります(下図)。本記事ではストレートパンチに対応する二式について紹介します。

陽の一式から四式
  • 陽の一式:重心が水平移動する方向に合わせてエネルギーを伝える
  • 陽の二式:重心の回転方向に合わせてエネルギーを伝える
  • 陽の三式:重心が上下移動する方向に合わせてエネルギーを伝える
  • 陽の四式:頭部重量が振り子運動する方向に合わせてエネルギーを伝える

陽の二式とそのポイント

陽の二式ではボクシングのように全身の関節を順次連動させるのではなく、重心(へそ下3~4cmあたり)をぐるんと回転させ、その勢いで回転した背骨を通じて上昇してきた力を腕を通して相手に伝えます。

この時、背骨は真っすぐを維持する事を意識しましょう。体の各部を一体化させるためにも、エネルギーの流れを感じるためにも真っすぐの背骨は非常に役立ってくれます。

1. エネルギーの通り道 背骨を立てる

ネコ科の肉食獣の背中は正に猫背。曲がった背骨をしています。しなやかに背骨を波打たせることで四肢にエネルギーを伝えてるのに適しています。しかしこれは運動能力に優れた人や動物向けの動き。

筋肉で作り出したエネルギーを伝えるという点において、真っすぐの背骨は肉食獣式背骨に一歩劣ります。しかし真っすぐな背骨は体にかかっている力、重心の状態を感じる能力に優れています。陽の技術はエネルギーを無駄なく伝える技術。背骨を真っすぐ立てて、エネルギーの流れを感じましょう。

2. エネルギーを感じる

陽の技術を使う際、相手を攻撃しようとすると失敗します。攻撃するのではなく重心を動かして作られたエネルギーを相手に伝えるつもりで行う事でスムーズに技が効くようになります。腕はただ動きを伝える道具。この意識で行うと肩の力が抜けて、攻撃の意図を察知させづらくするという効果も得られます。

合気道、護身術の基本は「情報遮断」。これが出来るようになるだけで技の質が大きく変化します。無我の境地に至る必要はありません。別の事に意識を向ける事で本来の意図、情報を遮断しましょう。

3. 接触点に視線を向けない

見れば相手に意図がバレます。効率よく力を相手に流せても、力が来る場所とタイミングが視線でバレてしまうと体力差がある相手には跳ね返されてしまいます。視線でバレない様にするにはどうすればよいのか?格闘技の巧い方は視線のフェイントなどを駆使して己の意図を隠し、相手を欺きます。

対してIAM護身術では相手を見ない事で情報を漏らさない事を徹底します。正確には、周辺視野だけでぼんやり捉える事、見るのではなく写す事、感じる事を徹底します。

動きも視線も余計なことはしない。体幹で作った重心移動のエネルギーをただ伝える。これが陽の技術の秘訣です。

【参考書籍】

陽の技術をはじめとした基礎技法を下記の電子書籍でも紹介しています。陽の一式を用いて強烈な打撃を放つ方法、後ろから抱き着かれた時容易に相手を振りほどく方法といった合気道の技術をベースとした護身術です。本書が合気道と護身術上達の一助となれば幸いです。


合気道ベースの護身術 IAM護身術 基礎技法 骨の技術・皮膚の技術