護身術:攻撃

合気道の秘伝 陽の技術の活用例とコツ

合気道の秘伝:陽の技術の活用例

重心移動で生じた運動エネルギーを効率よく相手に伝える技術を「陽の技術」、今回は、合気道や護身術で陽の技術がどのような場面で使られているのか紹介します。

一式(重心が前移動して生じるエネルギーを伝える)

例1)合気道の一教

相手の肘に手を添えた後、身体を前方に運んで生まれた力を腕から相手に伝えて倒し切る。腕力で相手の腕を動かさず身体全体で運ぶ。へそ下3~4cmの位置に球体(下丹田)をイメージして、骨盤でその球体を運ぶ意識で行いましょう。

例2)護身術:相手を突き飛ばして逃げる

腕力だけで人間そう簡単に動かせません。全身の力を伝えつつ、相手に力が発生するタイミングを読ませない事が重要です。具体的には次のように行います。

  1. 手の平を相手の肩か胸にそっと置く(押さない)
  2. 手の平の接触圧を変えない様にしつつ背骨を真っすぐ立てたまま前足を踏み出す
  3. 身体全体が前進して生まれた力を腕から伝えて押す
  4. 相手のかかとを支点にして棒を回して倒すイメージで行う(下図)
  5. 後足を前脚に引き寄せる

二式(重心の回転エネルギーを伝える)

例1)合気道の三教

相手の手首をひねり上げる時、体全体を回転させて生まれたエネルギーを手首から腕の骨を通すようにして行います。エネルギーが伝わるのは意外と遅いので慌てない事が肝要。エネルギーの流れは背骨と内側の筋肉(インナーマッスル)に意識を向ける事で感じやすくなるので意識して練習してみましょう。

例2)護身術:後ろから羽交い絞めしてきた相手を剥がす

相手と密着するように背中を接触させ、その接触面に回転軸がある事をイメージして身体を回転すると案外簡単に相手は剥がれます。

フィギュアスケートのスピンは腕を閉じると回転速度が増します。相手を剥がしたければ、まず密着して回転軸と回転させたい対象の距離を縮めましょう。この思想は回転系の技術全般に幅広く応用が可能です。

三式(重心落下のエネルギーを伝える)

例1)合気道の入り身投げ

相手の首を捉え、背後を取った後、膝の力を抜いて身体をストンと垂直に落下させて生まれたエネルギーを伝えて落とします。相手を落とそうとするのではなく、自分が落ちてその動きに引きずり込むように動く事がポイント。

相手の重心がかかとに乗るように、手の平で2,3cm後ろに相手を傾けてから落下するとすと更に効果的です。

使用例2)護身術:相手を斜め前に倒してそのまま走り去る

絡まれたら「まぁまぁ落ち着いてください」とでも言いながら相手の肩にそっと手を置いて、ストンと体を垂直落下。入り身投げとは逆に前側に2,3cm相手を傾け、つま先に重心が乗るようにして行うと相手のバランスを楽に崩せます。

相手がつんのめったらそのまま相手の背中側へ走り抜けましょう。相手は体勢を立て直した後、振り向いて追いかけなくてはならないので、逃げる余裕が生まれます。

技のポイントは地面の底に自分が落ちていくように重力に身を任せる事。物を掴んでいる両手に突然あなたの体重と同じ重さの鉄球がストンと落ちてくるのを想像してみてください。筋肉量だけで対応できる人はそうそういません。

四式(頭を振って生じたエネルギーを伝える)

例1)合気道の座り技呼吸法

技が巧く効かず拮抗状態に陥った時、相手が四式を知らない場合は頭を振って、その力で腕が飛び出すようにして押すとあっさり吹き飛ばす事ができます。頭はボーリング玉並みの重量があります。これをブンっ!と勢いよく振ると…?格闘技では頭突きが禁止されているものがほとんどです。それだけ頭の重さは危険な威力を秘めているのです。

使用例2)護身術:近距離打撃

額の中心に球体(上丹田)をイメージ、続いてその球体と拳を繋ぐ鋼の棒をイメージします。その後、頭を振った勢いで鋼の棒を押し出し、先端にある拳を打ち出す事で頭の重さを相手に伝えて打撃の威力を高めます。モーションは小さくても十分です。

体重が持つ力・力が伝わるまで待つ我慢

陽の技術のキーポイントは重心移動のエネルギーを伝えるという事。これは体重をフル活用する事と言い換えることが出来ます。

あなたが小柄な女性だとしても、あなたと同じ体重の鉄塊がぶつかってきたり、高速回転したり、突然落ちてきたりすると相手はどうなるでしょう?陽の技術一式~三式で行っている事はまさにそれなのです。

そして一式から四式でエネルギーが伝わるタイミングは、想像しているよりもかなり遅く、筋力を使った通常の動きとのタイムラグがあります。このタイムラグが相手の意表を突くのに一役買っています。

普通ならここで力が来るはず、というタイミングで力が来ないので、抵抗するための力を発するタイミングがずれてしまうのです。

力をぶつけるのではなくまず動いて力を作る。そして力が流れる適切な瞬間まで待って流す。これが陽の技術の肝です。

まとめ:陽の技術とは?

曰く!気の流れ!これだけ!

陽の技術をはじめとした容易に習得が出来るシンプルな動きの護身術、本書にその基礎技法をまとめました。是相手との距離を確保する牽制方法、足さばきだけでも素人相手であれば護身術として非常に有効。是非ご覧ください。


合気道ベースの護身術 IAM護身術 基礎技法 骨の技術・皮膚