一人稽古法

井口師範って誰? 合気道秘伝とIAM護身術

井口師範って誰?

「秘伝には名はない。一々名前などあるとそれにこだわりができる。合気道は自然の理を体得しなければならない。こだわりがあったらあかんのや」

「こだわったら自然とは言えん。合気道は茶道でいう一期一会を大切にせなあかんのや。合気道の本質は一期一会の技や。そやから秘伝には名前はないんや」

引用元: 秘伝の名前について

植芝盛平、植芝吉祥丸、塩田剛三、佐川幸義、etc…有名な合気道家は数多けれど、井口雅弘の名は知られていません。しかしながら井口雅弘師範は紛れもなく開祖、植芝盛平から合気道の秘伝、と極意を直々に伝授された高弟の一人であり、達人に属する使い手でした。

しかし秘伝の後継者である自分の弟子には「秘伝を受けてそれを悟ったら決して他言せぬように。」と指導していたり、本部道場で演舞する際の技と、道場稽古用で技を使い分けていたりと、技を隠すように努めていたため、人知れず和歌山の片隅に埋もれてしまいました。

一方で「道場の稽古でいつも秘伝を言うてる。けどそれを理解するのは本人次第。悟らんとあかんのや」とも言ったそうで、決して宝を独占しようという私欲で技を隠しているわけではなかったようです。

とは言え、その説明が非常に感覚的であったり、動きや技に名を付ける事を嫌っていたり、動きの度に最適解が変わったりと、その本質理解するには強い根気が必要な師であったため、道場はさほど大きなものとはならず、現在井口師範の秘伝を、誰もが再現できる形で伝承できるように翻訳できたのはIAM護身術会長の橋本のみとなってしまいました。

その技術紹介は別記事にゆだねるとして、本記事では合気道や武道、格闘技を嗜んでいる方にとって有用と思われる井口師範の金言をいくつか紹介させていただきたいと思います。最初に合気道の体、気、心について、そして合気道の極め方についての言葉を紹介します。井口雅弘師範の魅力が少しでも伝われば幸いです。

補足1:井口師範のお言葉はいずれもIAM護身術のホームページ(本部)からの引用で、元記事にリンクを付けています。

補足2:IAM護身術は合気道を短期間で護身術として活用できるレベルまで習得できることを目的としているため、あえて秘伝に名前や解釈を加える事で習得難度を下げています。拘りが生じる弊害については、その後の稽古を通じて徐々に消していくようにプログラムされています。

合気道の体

【肩甲骨】

「合気道するには合気道の身体にならないとあかんのや。合気道の身体になったら、肩の位置がどれぐらい大切かわかるんや。何故かっていうたら、気の流れがわかったら肩はあるべき位置になければならないということが分かるからや」

引用元:【合気道の身体とは!?】2ー肩甲骨との関係

体幹の力を効率よく流すためには、多くの筋肉群と繋がっている肩甲骨の位置が極めて重要になります。また肩甲骨は比較的大きく重たい骨なので、その重量を使いこなせるようになるだけでも技の威力が向上します。下記に肩甲骨の位置が力強さと安定性に及ぼす影響を体感できる稽古方法を二つ紹介します。

一つ目は壁押し。肩を胸の中心に引き込み、背中を広げるようにして、肩甲骨を立てて壁を押してみましょう。強固な骨格構造と安定感を感じることが出来ます。

壁押し
出典:『年齢に負けない体づくり”弐” 古武道由来の体を引き締める鍛錬法
二つ目はプランク(腕立て伏せ最初の姿勢のまま胸とお尻を下げずに位置をキープする体幹トレーニング)。腕力ではなく上記と同じ肩甲骨と骨盤の形を作って、肩甲骨と骨盤回りを取り巻く帯で体を支えてみましょう。

 

【首】

緊張は首から起こるのであるから、首に緊張を起こさせないように、首の後ろを自然に伸ばし、背骨が上下に広がるように意識をもちます。このことを、井口師範は、「自分が一回りも二回りも大きくなったように思いなさい。そうすると、頭の天辺が天につながった感じがする。そしたら、天から気がながれてくるのを感じる」といわれました。

引用元:骨の技術1(首)

力の伝達にも背骨は極めて重要な役割を担っています。馬がが草原を疾走する時、虎が茂みの中から獲物に飛び掛かる時、背骨をしなやかに動かして体幹の力を四肢に伝える事で爆発的な力を生み出しています。

首は背骨の末端。首が固まるとそれを補うためにその下も固まり・・・背骨の柔軟性が失われて行きます。首の後ろを伸ばす意識、背骨一本一本の感覚を広げる意識、この意識で背伸びをするだけでも背骨のしなやかさを取り戻す一助となるので試してみましょう。

 

【腕】

「腕が伸びすぎると、肘関節を攻撃されたらすぐに折れてしまう。力コブ(上腕二頭筋)が硬くなっているのは、相手に乗られてしまっているから、負けている証拠。何事も八分が大事、伸びすぎず、曲げすぎずがええんや」

引用元:体格にあった動き

骨格には最適位置があり、その位置で技をかける時、力こぶは出来ません。力感なく技ができてこそ合気道。手の位置が「気のライン」と呼ばれる空間上を移動する際は、力が滞りなく流す事ができるので力感なく技を出す事ができます。

気のラインは両胸の中央から手のひら一、二枚分程度前方に存在し、天地を貫くように存在しています。技のをかける際に気のラインを意識すると、自然と八分の位置、伸びすぎず曲げすぎずの位置に腕が収まるので試してみましょう。

気のライン

合気道の気

「曰く、自然は自分たちにいろいろなことを教えてくれる。海原を見ているだけで、合気道の稽古になるんや。何故なら、自然も気の流れの表れだからや。僕は、波を見て合気道の極意を学んだ。だから、自然を味方につかないとあかんのや」

「曰く、山に雪が積もり、それが、下へ落ちようとする“気”をはらむ。ついには、わずかな空気の振動でも、雪崩が起こる。そういうものが“気”や。人の体も同じや、倒れるべきところに倒す。『ああしよう。こうしよう』と違うんや」

引用元:井口師範の合気道における「気」の考え方

気は兆し、流れ、勢いとして自然の中に存在します。そして自然に心はありませんが、兆しや流れが生まれる前、なるべき状況になる志向性が存在します。自然を周辺視野、焦点を合わさずぼんやり見て、その動きを感じるだけでも非常に有効な稽古となります。

また合気道を深く探求していくと、物理学や生理学を超えて気というものにのめりこんでいく方も出てきます。この時、物理的な世界、現実をおろそかにしだすと地に足つかない不安定な人間になってしまい、社会との合わせも難しくなっていきます。何事も八分が肝心。武道、護身術として扱う気は、手段であって目的ではないのですから。

井口師範は、「気の正体などなんでもええんや。感じて使えればええ。道具を使うのに、どう道具を作るかとか、材料は何かを考える必要はないんや。出来合いの道具に従って、道具の可能性を最大に引き出せばええ。それが本当の意味での道具を知るということや。それが自然の理というもんや」

引用元:井口師範の合気道における「気」の考え方2

心・気・体

気は道具なれど軽んじるなかれ。心と体も突き詰めると生きるための道具、全て自分を生かすための道具です。道具の手入れを怠っては良い仕事、良い人生は送れません。心・気・体、偏りなく、自然に扱えることを目指しましょう。井口師範は心・気・体について次のように語っています。

「合気道の技は体だけではあかん。それから、心だけでもあかん。心と体が合って初めて合気道の技になるんや。霊主体従ということや」

「心でよく気を制御し、気と体と調和して動かなければ技にならない。技にするには気の流れに乗って体が動かなあかんのや」

「気をむやみに飛ばしたらあかん。気は体を導くもの、気によって体を導かなあかん。気と体を分離したらあかんのや。それが自然ということや」

引用元:心・気・体の一致

そして心・気・体を同時に磨くには杖と当身が最適。奥義である「気の流れ・呼吸力・螺旋形」を身につける稽古としても最適です。杖を使った当身の稽古を日々の稽古に取り入れてみましょう。

「剣よりも杖(じょう)やなあ。できたら鉄の棒使ったほうがええんやけど。翁先生もいつも鉄の杖を振っていた」

「剣は刃を持っているから、斬るということに意識が行ってしまい、そこにこだわりができる。合気道は自然の理で動くからこだわりがあったらだめになる。剣をするなら、こだわりがなくなってからでないと合気道をするのには百害あっても一利もない。杖は刃がない分、自由であり、変化自在に扱うことができる。それから気の流れを意識することもできる。だから、剣など振らずに杖をふれ。」

引用元:合気道と杖(じょう)

 

「当身の中に合気道の動きの基本がある。気の起こり、気の流れ、気の伝わりや。気をコントロールするのは当身からなんや」。

引用元:当身について②

合気道の極め方

「曰く、僕は、合気道を極めるため、できる限り翁先生の受けをとらせていただいた。それで合気道の呼吸(極意)を会得したんや。翁先生に受けを取らせていただくために、常に努力をし、常にどうしたらいいか考え、常に行動していたんや。一流になりたかったら一流の人の呼吸をもらわなあかん。だから、東京に行ったら、必ず翁先生や藤平先生にくっついて、いつも呼吸をもらう努力をしていたんや」(合気道にかかわる特別な感覚を受け取るために非常に大切な能動的な「受け」について)

引用元:形稽古の「受け」の大切さ

自分より実力が上の人と手合わせする事で成長速度は爆発的に高まります。あらゆる武道、スポーツ、芸事といった、心・気・体、己の道具を使いこなすモノの上達には、一流の師につく事が極めて重要。三流の師について十年修行するより、一流について一年修行した方が得られるものが多いものです。本物だと感じられる師を探しましょう。

また合気道は武道でありながら試合がありません。乱取りやスパーリングすらありません。そんなことで実用的な武が身につくのでしょうか?合気道は極められるのでしょうか?その疑問に対し、井口師範は次のように語っています。

「試合とか段取りは虚虚実実のやり取りするので、そんなことにこだわっていたら勝速日は実現できんからあかんのや」「勝速日というのは、非常に速いこと。相手の攻撃にさっと合わせるて動くこと。寸部の狂いもなく合わせてしまうこと。そこには、先とか、先先の先とかそんなものはない。だから、虚虚実実のやり取りもなにもないんや」

引用元:井口師範の答え

 

「早いとか、遅いとかそんなことじゃない。ハッと思えば、たちまちということや。これが分からんと入り身一足の真意もわからん。先とか、先の先とかそんなものじゃなく、時間を越えていることや」

引用元:時間の流れる速さを変える方法?

参考:開祖が語る勝速日「勝とうと気を張っては何も視えんのじゃ。愛を持ってすべてをつつみ、気をもってすべてを流れにまかせるとき、はじめて自他一体の気、心、体の動きの世界の動きが展開し、より悟りを得た者がおのずから勝ちをおさめている。勝たずして勝ち - 正(まさ)しく勝ち、吾に勝ち、しかもそれは一瞬の機のうちに速やかに勝つ」

そしてIAM護身術へ

IAM護身術は井口師範が開祖植芝より直接伝授された秘伝の数々を言語化、稽古方法を体系化し、力の弱い人が不当な暴力に脅かされる事無く、自然でいられるように継承している団体です。

体感を伴う事で更に秘伝の理解が深まります。合気道、護身術に興味がある方、極めたい方、道場に足を

IAM護身術で行っている合気道の体の作り方の一部を下記電子書籍で紹介しています。其の壱は健康体操として負荷が軽い動きを、其の弐は体幹を鍛えて体を引き締める運動として適した動きを掲載。どちらの巻も気の流れ、呼吸力を鍛えるのに有効な動きを紹介しています。一日十分で効果あり。武道、合気道の体を作りましょう。
年齢に負けない体づくり”壱” 古武道由来の簡単にできる健康体操 
年齢に負けない体づくり”弐” 古武道由来の体を引き締める鍛錬法

 

IAM護身術の基礎技術は下記電子書籍でも紹介中。基礎の技術ですがシンプルな動きで習得が容易なので、護身術には最適。是非ご覧ください。