曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

井口流合気道の技や考え方を紹介しています。

人が倒れる方向 ~棒倒しと同じこと~

 

1. 脱力して正しい方向を感知

「脱力状態で外から力が加わると重心位置が絶えず変化するため、相手はどの方向に力を加えていいかわからなくなる。そこで相手の力が当たらない方向へ自分が動くと相手は簡単に崩れる。脳が混乱状態にあるため。」
という記事を前回書きました。

www.iguchiryu-aikido.com

 

脱力すると相手が簡単に倒れる方向を感知する能力も高まります。

今回は人を簡単に倒してしまう力の方向について紹介します。

 

 

2. 細長い箱が簡単に倒れる方向は?

箱を倒すとしたどんな倒し方が一番効率的でしょうか?答えは箱が地面と接触している点を支点として、回転するように力を加えることです。テコですね。

これは人間が相手でも同じことです。我々は物事を難しく考えてしまう生き物ですが、シンプルな動きは最も効率が良いのです。

f:id:dice-k-13110:20180627140007j:plain

もちろん相手は棒のようにまっすぐ立っている訳はないので、最適な方向は一期一会。ではその方向はどうやったらわかるのか?感知力を高めるには?そう、脱力ですね。

 

 

3. 人体構造の知識を得たうえで忘れる

シンプルに考えるといっても、知識はあればあるほど良いです。

正確で鋭い動きを身につけ、相手の動きを解析して弱点を見つける。このためには人体構造に関する知識が多いほど良いのは間違いありません。

私は高岡先生の『究極の身体』を読んでから、ときどき骨格図を眺めるようになり、以前よりも自分と人の動きが分かるようになりました。

 

しかし、実際に技を使う時は知識を忘れます。ただ感じるのみです。
接触点と相手から漂う気配を感じる事に集中してあれやこれや考えません。
無意識に任せることで最適な動きができるからです。

 

4. まとめ ~人体の捉え方~

曰く!人は棒!これだけ!

 

 

5. 最後に ~井口流合気道と護身術~

井口流合気道に興味を持たれましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。稽古は和歌山市内にて、火曜(20時~)、金曜(21:45~)稽古中です。その他、基礎の技や護身術であれば当方も個人レッスン可能です。

 

ブログでは小難しいことを書いているのですが、稽古は「動く禅」です。

雑談を交えながら緩やかな稽古をしているのでお気軽にお越しください。