曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

井口流合気道の技や考え方を紹介しています。

不可知の突きと合わせ

1. 不可知の突き

過去に紹介した空手家、中達也先生の高速追いつきは不可知の突き。なぜ感知できないのでしょうか?それは感知する対象がない、もしくは限りなく少ないからです。ないものは感知できません。

www.iguchiryu-aikido.com

 

情報を相手に与えやすい部位、与えやすい動きとは?それらを制限した上で威力を出す動きとは?それを突き詰めていくと中先生の一言に集約します。

「左右にも軸を作りまして…」

左右の軸は中心軸(正中線)を使う時と同じように使います。故に中心軸が使いこなせていないと不可知の突きは再現できません。さて、何故これの動きが感知しがたいか?ここでは心理学的な死角ができるとだけ・・・

 

2. 不可知の突きをさばく動き

前回の稽古で、この突き方は合気の動きと同じだなぁと話が盛り上がりました。そしてどう対処すれば良いかという流れに。

DVDで宮平保先生は「目で見ては捉えられない。全身で聴くしかない。」と言っていました。そして師匠曰く、「空間を合わせるしかない。」

早速実践。

うまく合わせが出来ると全身にもわっとした感覚があります。対して、合わせが不十分だったり、合わせができても慌てて次の行動(攻撃や腕を取りに行くなど)を起こすと間合いを詰められて、パシッっと打たれる羽目に。

合わせには皮膚、皮膚感覚、空間感覚の技術それぞれに技法があります。そしていずれの合わせに関しても連続性の維持と適切な変換が重要です。概要を次項にて紹介。

 

3. 合わせから技までの流れ 啐啄同時

合わせてさばく一連の流れは、一教、二教などの技の中にも見られます。そして合わせた後、焦って何かをしようとしてしまうと相手に反応、抵抗されてしまいます。

しかし合わせを維持しながら動き続け、変曲点まで自然に動く。そして変曲点に達した後も楽に流せる方向へ流していくと、いつの間にか技になります。

これができた時は相手も自分も何の抵抗も感じず、心地よさすら感じます。

 

 啐啄同時(そったくどうじ)という禅語があります。

  • 啐:鶏の雛が卵から産まるとき、殻の中から卵の殻をつつく事
  • 啄:親鳥が雛が生まれ出る補助として殻を外からつつく事

啐と啄は早すぎても遅すぎても生命は産まれません。合気道の合わせも同じ事。技のタイミングが早すぎたり遅すぎたりすると、技は生まれないのです。

自分の感覚と状態、相手の感覚と状態、それら全てを感知して「ここだ!」というタイミングで技に移行する事で「何も感じないままに技をかけた、かけられた」状態が作れます。

二段までの稽古によって、自分の状態はある程度把握できるようになってきましたが、いまだ相手の状態と感覚を把握しきれていないので、ここは稽古ポイント・・・

 

4. まとめ 不可知の突きと合わせ

曰く!隠す!流れる!これだけ!