敗因は思い込みと情報不足

1. 思い込めば負ける

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」平戸藩主であり剣豪でもあった松浦静山の言葉です。裏返せば敗因は必ず分析できるという事です。思うに、思い込みと情報不足は大きな敗因となるのではないでしょうか?

合気道では思い込みを利用した技が多くあります。今回はその中の一つについて概要を紹介。

 

2. 投げ技は掴まないとできない?本当? 

「掴むのでなくひっかける感覚で」中国拳法家、宮平保先生がGreat Journey of Karate 2の中で小手返しの際に、漏らした言葉です。最近、道場ではこの「ひっかける」技術の稽古を頻繁にしています。

「ひっかける技術」は、具体的なやり方を公開できない秘伝。故に、技術の一端を担っている、思い込みについてのみ触れます

 

3. 人は過去の経験から今の体験を判断する

視覚情報と実際の力がズレているので対応が難しい。これが「ひっかける感覚」が有効となる一つ目の要素です。「こうくるだろう」「こうくるしかない」その思い込みと違う力が働くので対応できません。

ガシッと掴まれて引っ張られると予測したのに・・・あれ?何か違う?予備知識がないと「掴まれていない」とすら気が付く事すらできないでしょう。武道や格闘技の経験がある方ほど、思い込みがあるせいで不思議な感覚を味わうようです。

 

4. 筋肉は張力から情報を判断する

ひっかける技術は過去の経験とのズレに加え、実際に加える力にも一工夫されています。このため対応が非常に難しいです。ここでは、陰陽のマークはよく考えられているなぁとだけ・・・

 

5. 知は力也

秘伝と呼ばれる技術も、理屈を知り適切な稽古を続けることで再現できるようになります。同時に理屈があれうので対応策も作ることが可能です。理がある故に美しい。理がある故に敗られる。

冒頭で思い込みと情報不足が敗因の大きな要因と書きました。裏を返せば十分な情報があれば負けないという事。合気道の秘伝はある種の芸術。伝統芸能のようなもの。もっと知られてほしい反面、知られすぎると価値が落ちる・・・もどかしいですね。

 

6. まとめ 思い込みによる負けを防ぐには

曰く!Don't Think Feel!それだけ!

 

7. 井口流合気道、IAM護身術の紹介

合気道の秘伝を我々のような凡人でも再現できるよう、一つ一つの要素へと分解、稽古しています。火曜日20:00~、金曜日21:45~稽古中。詳しくは師匠 橋本先生のHP(IAM護身術)をご覧ください。参考までに下記に私なりの紹介記事も載せておきます。

www.iguchiryu-aikido.com