曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

井口流合気道の技や考え方を紹介しています。

合気道のトリック 理解と体感のギャップを利用

1. ありえない方向に人は動かせない

筋骨隆々の男でもコロッと転がす合気道。これはどうやっているのでしょうか?
実は簡単な話。

  • 混乱状態では本来のパフォーマンスが発揮できない。
  • 人体構造上、使える力の方向の組み合わせは制限されている。

これら人の性質を利用した技を使います。

 

2. 人は自分の都合がよいよう解釈する フェルメールの絵

17世紀オランダの画家フェルメール。彼は光学機器を使って三次元を二次元に正確に写し取ろうと試みました。そうして正しく描かれた絵の床は端の方は歪んで不自然に見えます。

『ぶどう酒のグラス』

f:id:dice-k-13110:20180823195245j:plain

 

人間の脳は目で見たものを修正して見ているこの結果を受けてフェルメールは人間の脳が自然と感じる構図で絵を描いたとか。(ちなみにジブリアニメも正確な絵より、自然に感じるように絵を描いていると昔聞いたことがあります。)

さて、これが合気道とどう関係するのでしょうか?

3. 見た目の動きと力が加わる方向が違う!

人は見たものを自分の都合の良いように修正して解釈します。現実に受けている力と、見えているの動きが食い違っていても、見て頭で解釈した方を優先して対処してしまいます。頭の理解と体の感覚にズレがあると、混乱して対応できなくなるのです。

あなたがミスをするときはどんな時でしょう?時間がなくて焦る、理不尽に怒られて自分も怒る、仕事が上手くいって興奮する、・・・こんな時ミスが増えてきませんか? 平常心でなければ正しい判断はできません。

ましてやパニックになると合理性を欠いた行動をとるのが人間。そしてパニックを起こさせる技が合気道にはあるのです。

4. 人は楽に生きたい

混乱状態の相手に対し、楽になれる方向を示すと、人はそちらに誘導されます。人は楽な方へ楽な方へと流れる生き物。パニック状態で差し出されたものにはついていくのです。

そう考えると先生がスパーリングで「詐欺師!」と言われるのも本質をついている気がします。

5. まとめ 筋力が上の相手を崩すには

曰く! パニックに陥れて手を差し出す! これだけ!

 

P.S. 防災セットは平常心維持セット

西日本豪雨を期に防災セットを購入していました。市内なら災害があっても救援は割とすぐにやってくるでしょう。

それでも「使えるものが何もない!」「水と食料がこれだけしかない!」短時間でも異常な環境にさらされると、どんな精神状態になるかわかりません。

護身は護心から。防災セットは精神安定剤。

f:id:dice-k-13110:20180823211155j:plain

f:id:dice-k-13110:20180823211255j:plain