曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

井口流合気道の技や考え方を紹介しています。

Great Journey of Karate 2 Disc 1 沖縄拳法の山城美智先生による解説が素晴らしい!!!

1. 秘伝の公開レベル

「10万円以上の価値あるやんけ!」これが感想です。
前回秘伝の公開レベルに関する記事で「宮平先生が公開しているレベルにブログの説明は留める」と書いたいたばかりですが、山城美智先生は井口流合気道でいうところの三段の技まで解説してしまっていました。これはブログに書くと師匠に怒られる!

脳の錯覚を利用したり、外殻の気をとって導いたり・・・技術もさる事ながら、山城美智先生のDVDは技の理屈とやり方の説明が詳細です。なんという贅沢な内容。

参考:山城美智先生の動きの一例はこちら(合気道が好きな方は5:30~の動きがお気に召すかと。)


夢の交流!沖縄トマリ手と松濤館流空手!(山城美智×中達也)Shotokan Karate meets Okinawa Tomari-te

 

公開できそうな内容の一つに、我々が入り身投げで使っている基礎理論が山城先生の解説にあったので記事にしました。

2. 合気道の入り身投げと情報のかく乱

合気道では相手の力と当たらないようにして崩すやり方だけでなく、あえて力をぶつけておいて、相手が意識できない違う位置から力を流して崩すやり方もあります。これを入り身投げでどう使うのか?

凍傷は末端から始まるのはご存知でしょうか?生命維持に必要な脳や心臓を守るため、体温が低下すると血は芯に集まります。末端を犠牲にして芯を守ろうとするのです。しかし末端から芯が崩せます。

宮本武蔵著、五輪の書には「角にさわる」という表現がありますが、今回その意味するところの理解が少し進んだように思います。

では入り身投げでどう使うのか?分かる人にはタイトルと上記文章で分かるのでこの辺で筆をおきます。そして次の理由からも。

3. 暗殺されてしまう

昔は中国拳法の秘伝を公開すると暗殺されたそうです。私もブログに書きすぎると刺客を放たれて更新できなくなってしま・・・

4. まとめ 武の上達に必要な事は?

曰く!知る!これだけ

 

5. 井口流合気道のご紹介

和歌山市内にて火曜日20:00~、金曜日21:45~稽古中です。体験希望があればお問い合わせフォームまで。理論好きかつ武道好き方には満足していただける道場です。道場の詳細は下記の記事を参照ください。

www.iguchiryu-aikido.com