曰く!これだけ!~井口流合気道の秘伝と雑記〜

井口流合気道の技や考え方を紹介しています。

相手を動かすにはまず自分が動く & Don’t think, feel.

 

1. 合気道の技が効かない

先日、合気の技をいくつか披露する運びとなったのですが、陽で崩した後に陰を使って倒すという技がある女性に上手くかける事ができませんでした。
 
なぜ効かなかったのか分からなかったのですが、後日マンションフロントの重いドアを陽の技術で開けていた時、理由が分かりました。その理由は下記の3つです。
 
技が効かなかった理由
 ①:繋がった感覚が得られる距離まで近づけていなかった
 ②:女性のパーソナルスペースが狭かった為、微妙な動きが発生しなかった
 ③:技をかけるにあたって知識に頼り感覚を使っていなかった
 
下記ではそれぞれの理由に関し、少し掘り下げた説明をしていきます。
 
 

2. 力が最も効率的に伝わる距離

繋がる感覚とは骨の技術(物理学)を使う際、もっとも運動エネルギーを伝えやすい位置であり、かなり自分の身体に近い所にあります。

陽の技術を使って重たいドアを開けようとすると、ドアと顔が接触する位接近したあたりからようやくドアに力が伝わり動き出します。そのタイミングこそが技を使うタイミングです。

 
対して、先述の女性に対してはその距離まで詰められていなかったのだと気が付きました。なお距離を詰められなかった理由は、相手が女性であったからだけでなく、②の理由も含まれています。
 
 

3. パーソナルスペースを侵す

②に関して、相手に対して密着するレベルまで近づきますと大概の方は軽くのけぞったり避けたりします。この為、男性陣に対しては崩す量が少なくて済み、その動きに乗ることもできたので楽に技がかかりました。合気道ではこのような微妙な動きも利用して技をつかいます。
 
対して先述の女性は、密着する直前まで近づいても動きが生じませんでした。相手が動き出さない場合でも、陽を維持し動きを止めなければ、陰へ移行する適切なタイミングが生まれたはずですが、待ちきれず技を使ってしまったのです。こうなってしまうと、倒すために筋力が必要となってしまうので、合気の技にならず倒せなかったのです。
 


4. Don’t think, feel

③に関して、私は「こう動けば技がかかるはずだ」という知識に基づいた動きをしていました。しかし合気道の技は一期一会、相手や技次第で求められる最も効率的な動きは千差万別。感覚のセンサーを張り巡らせ、その時々で最適な動きを感覚に従って導き出さねばなりません。
 
普段の稽古が形を覚える内容や力を要する内容ではなく、感覚を養う事に重きを置いているものこれが理由だと思います。
 
なお、感覚を研ぎ澄まし、相手と自分の動きをモニタリングしていれば①,②は自動的に修正できていたはずです。合気以外にも言える事ですが、思い込みや先入観は成功の妨げになるのだなと実感しました。