井口流合気道とは? ~護身術として使用できる合気道~

 

1. 井口流合気道とは?

故・ 井口雅博師範が残した秘伝を、短期間で習得できるように橋本実先生が理論化した合気道であり、護身術や武術として実用に耐える合気道です。「合気道は使えない」「武道ではない、格闘技ではない。」よく言われますよね。
本来の合気道の技術は、人体構造、生理学、心理学を利用した技術であり、武術として実用的なものであり、それが稽古できる流派です。
 
通常、気道を武術として使えるようになるには、10年単位での稽古が必要です。一方、井口流合気道であれば入門初期段階から合気道の秘伝が公開されていることに加え、「ひたすら数をこなす」「見て覚える」という稽古ではなく、伝承のノウハウと理論が構築されているため、武として使える合気道の短期習得が可能です。
 
※:2018年現在の道場名はIAM護身術(IAM: Iguchi Aiki Method) となっています。橋本先生によると、道場が立ち上がった当初は「力の弱い人のための護身術」の道場だった為そのような名称にしたとか。現在は、体力が衰えても武を続けたい、武の極みを体感したいという方が増えたため、井口流合気道への改名予定だそうです。
 

2. 護身術や武術としての合気道

道場実績として一回90分、週二回の稽古を半年程続けたた女性が合気道歴12年の黒帯方を座り技呼吸法で圧倒したという例があります。
 
私が体験入門に訪れたのはその女性が2年ほど稽古した頃でした。デモンストレーションとしてその女性と押し合いを行いましたが、手も足も出ず壁まで押し込まれました。なお、私は体験入門直前までボクシングジムで鍛えていました。
 
その女性は人体の骨格構造、反応、心理学を総合した技術を使っており、私は筋力を正しい方向に発揮できていなかったのです。
 
更に橋本先生は片目が見えませんが、私のパンチは一切当たりませんでした。防御方法も独特で、体幹を崩されて手が出せない状態にされたり、目の前から幽霊のように消えて背後をとられたりする方法です。そして抵抗する事ができず、すっ・・・と床に落とされます。「これは本物の技術だ!」そう思い、即日入門を決めました。
 

3. 井口流合気道はこんな方にお勧め

・身体能力に頼らない護身術を身に着けたい方

最小限の力で相手を倒したり、生理学や心理学を利用してバランスを崩すので、筋力や反射神経に依存せず年齢や性別に関わらず使える技術です。

 

・実際に使える合気道をやってみたい方

演舞以外で相手を制する事ができない… 技はできているが力をつかって倒している…秘伝はコロンブスの卵。理屈を知ってしまえば「こうされると人は簡単に倒れる!」と体で強烈に理解できます。合気道や格闘技で伸び悩みを感じている人にもおすすめです。

 

・人間の脳力開放に関心がある方(2018年8月1日更新)

「人間の能力は素晴らしい!」スポーツ、芸術、学問などなど、天才達のパフォーマンスを目にすると感動しますよね。同じ人間なのになぜ差があるのでしょうか。訓練によるものも当然あります。しかし天才と凡人の差は脳の機能を完全に使いこなせているか否かと思うのです。

そして井口流合気道秘伝習得の為の稽古方法は、日常生活や普通のスポーツでは使用しない神経回路や脳の領域をフル活用するので、脳を鍛える事にも有効だと感じています。

約三年間稽古を続け人間に秘められた能力を引き出したい」という思いが強くなってきました。

www.iguchiryu-aikido.com

www.iguchiryu-aikido.com

 

井口流合気道の稽古場所と時間

最後まで読んでくれてありがとうございます。現在、井口流合気道、IAM護身術は下記の場所と時間で稽古しています。興味を持たれましたら、当ブログのお問い合わせフォームまでご連絡ください。

・場所

 〒641-0035 和歌山県和歌山市関戸1丁目4−30

 師匠の橋本先生より学べます。私は二段につきインストラクターの位置づけです。

 

・日時

 火曜:20:00~21:30 (通常稽古:護身術や合気道の秘伝を稽古しています。)

 金曜:21:45~23:15(技の研究会。合気道の秘伝を深く掘り下げる稽古が主です。)

 いずれも運動ができる服装であれば自由な恰好で構いません。

 

・費用(橋本先生直轄の道場)

 入会金: 10,000円

 月 謝: 高校生・他学生 6,000円 一般 7,000円

体験も随時受け付けております。その場合は、下記リンクのお問い合わせより橋本先生までご連絡ください。

本部道場へのお問い合わせ先:http://kenkogoshin.tank.jp/contact.html

 

 

P.S.

ブログタイトルの「曰く!これだけ」は井口師範が秘伝を指導してくださっていた時の口癖より拝借させていただきました。極めると物事はシンプルなものに集約するのでしょうね。