骨の技術(物理学・人体構造)

前方へ落下する合気道の足運び 足の三角

合気道式の足運びは身体のバネを使いません。使うのは重力と骨格構造。今回は重力利用する事で大きな力を相手に伝える事ができ、しかも初動が感知されにくい足運び「足の三角」の使い方ついて紹介します。

筋力がないなら重力を使えばいい

井口流合気道護身術では、重心が移動して発生したエネルギーを移動方向と順方向に伝える技術、陽の技術を最初に習います。この技術は合気道で相手を崩す時、運ぶ時、当身を放つ時etc…、あらゆるところで使われている基礎技法です。

陽の技術は筋力に依存せず大きな力を作れるのが特徴。その力の源は体重です。自分の体重と同じ重さの鉄塊をイメージしてみてください。これが倒れてきたら怖いなぁと思ったりしませんか?この重さをフルに活用します。

しかし、身体に力が入ってカチカチの状態ではうまく重さを相手に伝える事ができません。そこで前方に移動する際は、素早くステップインしようと足の筋肉を使うのではなく、前方へ落下します。それが「足の三角」を使った足運びです。

足の三角を使った歩み(基礎編)

  1. 母指球(足の親指の付け根辺り)、かかと、膝を結んだ三角をイメージ。
  2. 母指球とかかとを結んだ線が、進行方向に対して垂直になるよう足裏を地面に付ける。
  3. 母指球―かかとの線を軸にして頂点のかかとを前に倒す(三角を倒す)
  4. 身体が自然に前に倒れるのにつられるようにして前足を動かす
  5. 移動後は後足を引く(陰陽の足運び)

上手くできた時は、地面を滑っている感覚、落下している感覚が得られ心地よさがあるはずです。下腹に丸い球体をイメージして、それを身体全体で運ぶ意識で歩むと、よりスムーズにできると思います。

この足運びは重さを伝えやすいという利点だけでなく、身体に力みがないので、相手には初動が感知しにくくなるという利点もあります。

足の三角を使った稽古方法

井口流合気道護身術の基礎稽古で、相手と押し合うという稽古があります。この時、肩や腕に無駄な力は入れす、足も踏ん張るのではなく、ただ膝を倒していくことを意識します。力で押すのではなく身体の重さを相手の流すイメージ

上手に足の三角が使えている相手に力技で押し勝つのは至難の業。技術を使う事である程度の筋力差なら容易に覆す事ができます。重力の活用、相手に読まれない動作に加え、骨格構造上、強固な形を利用している事も理由の一つです。

一人稽古では壁に手をついて、足の三角を形成、膝を倒して壁からの反作用を感じるという稽古がおススメです。体幹も鍛えられます。

膝を前に倒す動きは、母指球-かかとラインを軸に膝を回転させると言い換える事もできます。モーメント力を使った足運びとも。次回はモーメントに着目した足運びを紹介します。

まとめ 足の三角を使った足運び

曰く!前に落ちる!これだけ!