空間感覚の技術(心理学)

合気道秘伝の目付 周辺視野で捉える「人形の目」

合気道の秘伝を使う際、覚えておくべき重要な事がいくつかあります。そのうちの一つが、情報遮断どんなに強く速く動いても、情報が相手に漏れた状態で動くと対処されてしまいます。

攻撃を受ける際も、「どうやって対処しよう?」と考え、構え、凝視すると、相手と無言のコミュニケーションが始まるので、身体の扱いが巧い方、力の強い方、素早い方の攻撃または防御が成功します。

強い方が勝つという状況を覆すために必要となるのが情報遮断。今回はその中の一つ、情報を発さない目の使い方、「人形の目」について紹介します。

周辺視野だけで見る

人形の目とは字の如く、どこにも焦点を合わさず、全体をぼんやり何の思考も持たずに見ている目です。

人間の視野は、焦点を合わせて立体的に物を見る中心視野と、焦点が合っていないがぼんやりと見えている周辺視野の二つがあります。人形の目とは、周辺視野だけで物を見る目の使い方を指します。

人形の目

中心視野は見たものを分析するのに適した視野で、運動神経や反射神経の優れた人は、個の視野で捉えた相手の動きを分析したり、先を読んで戦略を立てて動いたりします。

周辺視野で見えたものに対しては論理的な解釈が入りません。しかし周辺視野は動きに敏感で微かな動きも感知できます。視界の外で何か動いたような気がするというあれです。

焦点を合わせて動きを目で追わないため、人形の目を使うのに動体視力は必要ありませんし、視力も問題にはなりません。

ちなみに師匠は片目が見えないのですが、初めて体験に訪れた際、全くパンチが当たらず驚かされました。焦点が合わないはずの攻撃がフワリフワリとかわされ、制されてしました。

攻撃を見てはいけない

今にして思うと、見えないからこそ幽霊のように攻撃が当たらなかったのでしょう。攻撃は攻撃側の当てたという意識、防御側の当たったという意識が噛み合った時、初めてヒットします。攻撃を防ぎたいなら無視。避けよう、防ごうと思わない事です。

攻撃の真横当たりの空間に当たりに行く心づもりで動くと、何故か攻撃はそれる事でしょう。そして攻撃の手が止まります。はたから見ると「なんで当てに行かない?八百長か?」と思われる光景なのですが、攻撃側はいたって真面目です。

これは会話が噛み合わず、場が凍ってしまう状況に似ています。攻撃側が「私はここに攻撃をしますよ」という意識を発しているのに、防御側はズレた空間に対して意識を向けて行動、しかも「当たりに行く」意識であり、上手くできた時は「攻撃が当たった!」と錯覚。行動と思考がチグハグこの上ありません。これが攻撃側の混乱を招くのです。

  • 【攻撃側】行動:ポイントAに当てに行く
  • 【防御側】行動:ポイントBに当たりに行く
  •         ↓
  • 【攻撃側】思考:攻撃が当たっていない
  • 【防御側】思考:攻撃が当たった!

護身術はまず目から

「人形の目」は上位秘伝である空間感覚の技術に属します。ブログの初回で上位秘伝を紹介したのは、護身術という観点では習得が比較的容易で、効果も絶大だからです。

上記のような理屈は横に置いておいて、ある程度練習するだけでも、格闘技経験がない方の攻撃ならかわせるようになるでしょう。

練習方法は極めて簡単。ぼんやり焦点を合わさず、広い範囲の景色を眺め、視界の端で何か動いているなぁ、と感じるだけでOK

熟達すると相手の視線誘導、攻撃の誘導などにも応用ができます。その件はいつか機会があれば。

次回からは、基礎である骨の技術(物理学、人体構造を利用した技術)から順次秘伝や、その稽古方法、護身術として使える動きを紹介していきます。

攻撃を見切るには?

曰く!見るな!これだけ!