理念

団体の理念

井口師範が遺してくださった開祖直伝の合気道秘伝を、「力の弱い人が卑屈に暴力に屈しなくて済むように技術を伝える」という理念から、IAM護身術(Iguchi Aikido Method護身術)という団体が作られました。

開祖植芝、井口共に秘伝を感覚的な表現で語っていたため、近年までの秘伝習得は長い年月の研鑽を経て体で覚えて悟るものでした。これでは力の弱い人が使えるようになるのは難しい。そこで井口亡き後、その直弟子である橋本実が解剖学、生理学、心理学的な側面から秘伝を徹底的に研究、誰でも習得できる技術として再構築し、護身術として合気道を速習可能としたものがIAM護身術です。

多くの武道では秘伝は限られた門下生にしか伝授されません。手の内がバレると効果が激減する事してしまうからです。一方、私たちの道場が扱っているのは護身術であり、競技でないため試合がありません。また戦国時代のように敵対する勢力がいるわけでもありません。

弱い人が力に屈しなくて済むように護身の技術を伝えるという理念に基づき、IAM護身術の道場では、初期の段階から秘伝の全てが公開され、護身術として使用できるレベルで合気道が早期に習得できるよう、秘伝を具体的かつ科学的に表現した内容で稽古を行っています。

私の理念

IAM護身術の理念に加えて、私は「身体と脳を最大限活用する方法を習得し、楽に生きる良い方法を広くシェアしたい」「武道、格闘好きの方に楽しく読んでもらえる有益情報をシェアしたい」という理念でこのサイトを運営しています。

IAM護身術を学ぶと護身術という実用的な面だけでなく、効率よく力を出せる身体の使い方、疲れにくい動き方も身につけることができます。入門して、私は自分の身体を効率よく操作出来ていないという事を痛感しました。

そして身体の使い方を学ぶだけで、こんなにも普段の感覚が変わり心地よいものなのかと驚きました。合気道の秘伝習得の稽古方法は健康と若さ維持に大いに役立っています。

また稽古の際は、身体感覚に意識を傾けながら動くので、ヨガや瞑想に入り込んだ時と似た感覚が得られます。合気道が「動く禅」と言われる理由を体感して頂く事もできるでしょう。

身体と脳のポテンシャルを引き出すといった点からも、IAM護身術は有用だと感じています。健康になって能力も高まれば、人生はより楽しく、より楽なものになるでしょう。いいものは広くシェアしたい。当サイトの記事を読んで一つでも役に立つ情報を得てくだされば幸いです。

護身術の理念

2020年4月30日追記

護身術に求められるもの。それは体格や運動神経に恵まれてない方が使用できる事、肉体的な力の差を埋める事ができる事。それらの条件を満たしている武道の一つに合気道があります。筋力や反射神経に頼らず、相手と合わせる事で力をぶつけず、導くように相手を崩し、制する技を使用する武道です。

容易に習得出来る事も護身術に必須の条件。体を鍛え、駆け引きを学び、根性と精神性を身に付けなければ使えないような技術では、習得出来た頃には弱者ではなくなっています。強くならなければ使えないようでは意味がないのです。

上記二つの要素を満たすべく考案された護身術がIAM護身術。合気道の秘伝を誰もが習得できる用、物理学、生理学、心理学的に秘伝を解析し、体系的な稽古方法に落とし込んで伝承しています。

そして護身術には「相手の土俵で戦わない」という事が大前提として必要であるという理念をもっています。

【第一の前提「相手の土俵で戦わない」】

これは狭義ではルールを無視するという事です。相手が得意なルール、知っている範囲内の技で対応すれば、自分より身体的に優れている相手に勝つことは極めて困難です。自分の身を護らなければならない状況では体裁やルールは気にせず、できる事をやるのが護身術。故に多くの護身術の本では目潰しや金的のような過激な技が多く取り上げられています。

合気道において相手の土俵で戦わないという言葉は、力をぶつけないという意味を含みます。人間は力を加えられると、その力とぶつかる方向に力を入れてしまう性質を持っています。故に往々にして正々堂々の戦いに陥り、力の強い方が勝利するという普通の結果が得られます。対して、合気道では力が当たらない方向を感じ、その方向に変化し続け、相手と正々堂々と戦わない事が技の前提にあります。これは力だけでなく意図についても言える事。相手の意図に付き合わず受け流すのです。

難しい事をやっている様に聞こえますが、護身術に使う技は手品のようなもの。タネを知り、練習を積めば誰でもできるようになります。武道は伝承可能な技術なのです。

 

第二の前提「情報を遮断する」に関する理念、そしてそれを実現する方法をはじめとして、IAM護身術の基礎中の基礎を書籍化しました。IAM護身術の一端に触れて興味を持っていただければ幸いです。

書籍内容

  • 護身術の大前提 「相手の土俵で戦わない」、「情報を遮断する」
  • 相手と距離を確保するための牽制法と足運び
  • 微かな動きも捉え目の使い方「人形の目」
  • 体重と同じ重さの鉄球と化す 陽の一式を使った突き飛ばしと打撃
  • 回転軸の位置で効果激変 後ろから抱き着かれた時の対処法
  • 肩甲骨をずらせば人は倒れる 腕を掴まれた時の対処法
  • 皮膚は筋肉を騙す 秘伝「皮取り」
  • 気が付けば抜けている 掴まれて手の放し方
  • 攻防一体 肩甲骨で上腕を押し出す防御法

 


合気道ベースの護身術 IAM護身術 基礎技法 骨の技術・皮膚の技術